アンダーヘア お手入れ

他人に聞けない濃いアンダーヘアの処理・お手入れの悩み

濃いアンダーヘアの悩み

アンダーヘアが濃いばかりに恥ずかしい思いをしてしまった方も多いのではないでしょうか。
下着の繊維の間から飛び出してしまった方や、プールでアンダーショーツを持っていくのを忘れたときに、水着から毛が飛び出してしまった方、など、主に衣類の間からはみ出てしまうといった悩みが多いようです。
また、彼氏よりもアンダーヘアが濃くて嫌だった方や、性行為の時に苦労した、などの体験談もよく聞きます。

 

間違ったお手入れ方法

アンダーヘアが濃くて良かった、という女性はほとんどいないのではないでしょうか。

 

では、貴方はどのようなお手入れを行っていますか?
パンツを履くときに毛並みをそろえたり、時々処理をしたり、などが一般的な方法なのではないでしょうか。

 

トリートメントを使用する、というのも一つの方法かもしれませんが、これはやってはいけません。

 

当たり前ですが、トリートメントは地肌につけてはいけません。地肌につけると、トリートメントの油分が毛穴を圧迫し、汚れを入れてしまうからですね。
アンダーヘアの部位は敏感肌なので、もし、地肌にトリートメントがついた場合は、黒ずみ、肌荒れの原因となってしまいます。

 

効果的なお手入れ方法

では、どのようにするのが濃いアンダーヘアには効果的なのでしょうか。悩みと一緒に見ていきましょう。

 

「カミソリを使って剃ってみたんだけど……アンダーヘアが濃くて、上手く剃れなくて。どうすればいいの?」

 

正しいお手入れ方法を試してみましょう。
蒸しタオルなどで皮膚を温め、毛穴が開いている状態でカミソリを使うのが正しい方法です。
水分を含む毛は柔らかいので剃りやすくなります。
また、毛の流れにそって剃るようにしましょう。逆らって剃ってしまうと、肌の表皮まで削ることになります。
それを続けると、皮膚が硬くなり、埋没毛の原因となります。
 注意点として、お風呂の中で処理するのは絶対にやめておきましょう。
「えっ?」と、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
 お風呂で処理をすると、剃ってむき出しになった毛穴から菌が入り、黒ずみの原因になるのです。
 これらのことをするだけで、綺麗に、深く、剃ることができます。

 

「毛抜きでアンダーヘアを処理しています。綺麗になるのはいいのですけど、毛が濃いから抜くときには痛いですし。毛抜きで処理するのは正しいのでしょうか?」

毛抜きで処理をするのはデメリットが多く、お勧めできません。

頻繁に毛を抜く場合、抜いたところが赤くなる毛嚢炎になる可能性があります。
毛嚢炎は、皮膚が化膿したり、腫れて痛みが出てくるものなので、出てきてしまった場合はすぐにお医者様にかからなければなりません。
素直に毛抜きはやめ、家庭用の脱毛器などを使用しましょう。
しかし、どうしてもやむおえない状況で毛抜き処理をする場合があると思います。その時に注意しなければならないことを記載します。
入浴中の毛抜きはやめましょう。毛穴から菌が入る可能性が高いです。
抜くときに痛みが強い箇所は、毛の流れにそって抜きましょう。少し痛みが和らぎます。
蒸しタオルなどで皮膚を温めてから抜くと、スムーズに抜くことができます。
抜いた後は冷たいタオルなどで冷やすといいでしょう。毛穴が収縮し、菌が入りにくくなります。血がにじんだ場合は消毒が必要です。

お手入れをしても満足な結果にならない

カミソリと毛抜きの悩みと、そのコツを見てきました。
自分で処理をする分にはこれらを試すといいのですが、手間がかかりますし、どんなに上手く剃っても満足のいく結果にならない場合が多いでしょう。
そんなときに試してもらいたいのが、ビキニライン脱毛です。

 

アンダーヘアなどのムダ毛処理で黒ずみ、肌荒れが悪化する理由

アンダーヘア処理の難点

アンダーヘアなどのムダ毛を処理する場合、貴方はどういった事に気をつけますか?

勿論、肌にダメージを与えないように考えながら処理するのではないでしょうか。
しかし、ムダ毛を処理したい部分が敏感肌だった場合はどうでしょう。
私の場合は、一般的なカミソリで処理をしていました。
 しかし、どうしてもカミソリだと、敏感肌の部分では肌荒れが起こってしまいます。
なので、除毛クリームを試してみましたが、こちらも皮膚にヒリヒリとした感覚が取れず、断念してしまいました。
カミソリにしろ、脱毛、または除毛クリームにしても、多かれ少なかれ皮膚にダメージを与えてしまいます。
その時に、お肌を保護するためのメラニン色素が、体内で多量に分泌されます。
このメラニン色素が、黒ずみの原因なのです。

 

肌へのダメージ

ダメージを与えた肌を守るために、メラニン色素は分泌されます。
なので、極力肌にダメージを与えないことが、黒ずみや、肌荒れを悪化させない方法となります。
では、黒ずみや、肌荒れの対策はどうすればいいのでしょうか。
結論から言いますと、ムダ毛の処理後のケアに気を使うことが重要です。

 

正しいケアの方法

余計な角質を取り除くために、スクラブ入りボディーソープなどで手入れをします。
優しく丁寧に、数日に1回のペースで行うことで、毎日行うよりも効果が表れます。
また、ビタミンC配合のボディローションを使い、ケアするのも効果的です。
新陳代謝を良くするのも効果的なので、日々の運動や、半身浴などで汗をかくことも大切です。
こういったことを繰り返すことで、ムダ毛処理での黒ずみや、肌荒れを抑えることができます。
しかし、完全に黒ずみをなくすのは、手間と時間がかかってしまいます。
なので、手入れ後に黒ずみができる方は、日々のムダ毛処理を見直す必要があるでしょう。

 

 

自宅でのケアには抑毛ローションも効果的!→人気の抑毛ローションを紹介!


ホーム RSS購読 サイトマップ